×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フットサルのシューズのロングパイル対応って?

フットサルのシューズのアウトドア用、その中でも需要の高いロングパイル用の選び方を勉強しましょう。試合会場や街中のフットサル競技場はロングパイル(人工芝)を利用したピッチが多いですよね。私の周りでもロングパイルのピッチでインドア用のシューズを使う人が多いですね。これは普段の練習用と試合用の2足を用意するのがコスト的に大変、または単に面倒くさいなどの理由です。インドア用のシューズは主にゴム素材で底面がフラットな構造がおおくロングパイルのピッチで使用すると滑ります。

シューズ本来のグリップ力を発揮できないので、プレーヤーが荷重やパワーを加減してプレーする必要がでてきます。とくにディフェンスやシュート時のこの影響が大きくでるため「何か、いつもの調子がでないなぁ」となってしまうのです。そう、試合会場・ロングパイルのピッチで自分の能力を100%発揮するためには、ロングパイルに適したシューズを選ぶ必要があります。ロングパイルに適しているフットサルのシューズはスタッドタイプといってゴム製の突起が並ぶスパイクです。これであれば足の長い人工芝であっても滑ることはありません。

しかし、絶対的なストッピング能力はインドア用のシューズには及びませんので、プレーヤー自身が微調整する必要があります。こればかりはフィールドに対する人の「慣れ」が必要な部分なのです。ですからフットサルの試合やゲームがきまったら、その会場についての情報を収集し、自分たちがいつもプレーしているフィールドと違うのであれば、そのフィールドでの練習回数を増やすなどの対応も必要になってくるのです。ロングパイルの会場でインドア用のフットサルのシューズでは能力を発揮できません。シューズは最適なものを選び後悔の無いゲームを楽しんで下さい。

フットサルシューズのインドア用の選び方

フットサルのシューズには大きく分けてインドア用とアウトドア用があることは前回の投稿でご紹介しました。今回はフットサルのシューズでもインドア用にターゲットを絞ってその選び方を紹介していきましょう。私はインドアでプレーすることが多いので素材がメッシュのフットサルシューズを購入することが多いです。メッシュ素材は透湿性が高く、フットサルのプレー中でも靴の中が蒸れることが少ないです。インドアでのプレーでは室温が高くなりがちです。こうした少しでも体に優しい素材のフットサルシューズを選ぶことで体への負担を軽くするのも工夫の一つです。

またアウトドア用のシューズと違って、インドア用はグリップ力が求められます。つまり急なダッシュや、急激なストッピングに絶えうる縫製や素材が必要になってきます。アウトドア用のフットサルシューズは天然皮革で衝撃や踏みつけなどへの耐性が高いのですがどうしても素材の縫いつけ(縫製)が甘くなりがちです。インドア用のシューズは通気性が高く、縫製のしっかりしたものを選ぶようにしましょう。私はアディダスのクライマクールサラ5を使用しています。通気性が優れているところと、何よりも軽さが気に入っています。素足のようなフィット感と流れるようなデザインが素敵なモデルです。

インドア用のフットサルシューズで、もう一つ気をつけなければいけないのがヒールカップの大きさです。急激なストッピングパワーがかかるインドアのフィールドではヒール部分がすっぽ抜けてしまうこともあります。これは非常に危険です。自分のくるぶしの下までをすっぽりと覆って、かつしっかりとヒール部分をホールドしてくれるような構造のシューズを選ぶようにしましょう。自分の脚への負担、体力を考えて選ぶようにすれば自ずと自分にピッタリのフットサルシューズが見つかります。

フットサルのシューズのトレンドをご存じですか?

ゴシックロリータというファッションを正しく理解している人はそれ程多くないと私は思う。多くの人は街中のフリルのついた可愛いファッションをゴシックロリータだと思っている。ゴシックロリータは最近ファッションとしても広く取り入れられファンも増加傾向にある。

フットサルのシューズの選び方は人それぞれです。大きく分けると活躍するフィールドごとにシューズが異なりますよね。インドア・アウトドアの違いはもとより、脚の長いロングパイルなども独特のソールが必要になってきます。私は体育館でフットサルをプレーすることが多いのでフラットタイプソールのシューズを利用しています。一応インドア・アウトドア兼用のシューズですがアウトドアのフットサルで利用することはありません。

体育館の床は独自のグリップ力があります。外で使ったフットサルシューズを持ち込むとグリップ力が低下するばかりか、体育館にもキズをつけることになりますからね。あとフットサルのシューズで注意しないといけないのが体育館とアウトドアでのグリップ力の違いです。私などは体育館でグリップ力のよいフットサルシューズに慣れているせいか、アウトドアではグリップ感の不足を感じます。たとえアウトドア用のフットサルシューズを使っていても、止まって欲しい時に止まらない、ダッシュしたいときに滑るといった現象に悩まされています。

アウトドア用にはアウトドアのテクニックが、インドアにはインドアのテクニックがあるようにフットサルのシューズもインドアとアウトドアで選び方を変えていかなければ自分にベストの商品はみつかりません。つまりフットサルのシューズの選び方についてこのサイトで順次紹介していきたいと思います。もしあなたがフットサルのシューズを真剣に選びたいと思っているなら、是非とも参考にして下さいね。



スポンサード リンク

店主 プロフィール

職業:専門学校生(20歳)
趣味:フットサル
好きなチーム:浦和レッズ
好きなゲーム:ウイイレ

フットサルのシューズはコートによって種類が異なったりプレースタイルによってチョイスを変えたりと選び方が難しいですよね。私の所属するチームではみんなで「ああでもない、こうでもない」とシューズ談義に花が咲くこともしばしばです。高いお金をだしてかうフットサルのシューズですから自分のプレーを助けてくれるような相棒を見つけたいですよね。(アキ)